振り向いても未来

楽しいものに吸い寄せられる性質です

正直なところ、不倫ネタ報道に飽きた話

私は激怒した。

 

別に走りはしないですけど。外は寒いですし。

 

いや、そんなことが言いたいわけではないのだ。私は本気で苛ついている。その苛々の捌け口がなくてブログを久しぶりに開いた次第なのだ。ひとつに苛々すると、他のことにも苛々が募って仕方ない。まずい。血圧が上がる。

 

ことの発端は小室哲哉さんの引退報道。ツイッターでその事実を知り驚愕。なんと勿体ない!もちろん不倫はいけない、そんなの分かってるし、そのことについてしっかり反省はするべき。だけど、それとこれとは話が別ではなかろうか。

 

私は特段音楽が好きなわけでも詳しいわけでもないけれど、小室哲哉という名前はもちろん知っているし、彼の作る音楽を聴いて育っている。一時代を築き、数々のヒット曲があり、それらを自然と耳に入れながら育ってきたし、自分が追いかけてきたアーティストたちも、とてつもなくお世話になっている。彼がどれだけすごいかはわからないし、彼の好きなところはわからない。でも私の好きなアーティストたちは、一緒に仕事をすると本当に生き生きと楽しそうなのだから、彼は間違いなく「すごい存在」なんだと、ぼんやりと認識している。そもそも音だけで時代を席巻するなんて、普通じゃないんだ。

 

そんな人が不倫をして、引退。おお、なんとまぁ、呆気ないことか。

 

そもそも論だけど、もういい加減、芸能人の不倫ネタって興味あります?私はありません。だって他人の不倫ですよ?身内ならまだしも、他人ですよ?別に養ってるわけでも、養われてるわけでもないじゃん?「あー不倫したんかー、あかんなー、ちゃんと反省しいやー」くらいで終わりませんか?…終わらない?あらそう。

 

ここ最近ひとりひとり随分と長尺でずっと不倫報道の進捗ばかりで、私としてはとてつもなくつまらない。過ちは誰しもあるのだから、きちんと反省をしたら、襟を正してまたこれまで通り、いやそれ以上に頑張ってくれたらいいじゃないですか。甘い?あらそう。

 

そう、その「反省」の意味がおかしいなぁと思うの。このむかつき、いらつき、なんでなんだろうと色々思案を巡らせた結果、「反省って別にパートナー相手にするべきことで、別に国民にすることではなくないか」ということに行き着いた。事情説明を声を大にして公共の電波でされても、別に反省したことにはならないし、聴いた側も別に反省してもらうような大層な立場でもない。だいたいよくテレビで見る、くらいの人がどこぞの異性と関係を持ったか持ってないかって明言されても、正直気持ち悪いだけで興味は全くないし、果たしてそれが反省なのかと思う。ただ一方的に不快感を植え付けてこられて困る。ファンでなかったらテレビでよく見る芸能人って、通行人感覚というか、取引先の営業とか、常連客とか、そのくらいの感覚じゃないですか。「あ、よくテレビで見る人」は通勤途中よくすれ違う人だし、毎週欠かさず見るドラマの出演者だって言わばよく行く居酒屋にいつも居るなぁ、って思う常連客みたいなものじゃないですか。無理やりだけど。その人たちが不倫したとして、反省と称して声高らかに不倫相手と肉体関係を持ったか否か明言されたとしても、それって不快じゃないですか?私は不快です。知らんがな、まじきもいんですけど、まじまんじ、の三段攻撃で帰って欲しい。そう思いません?私は思います。思わない?あらそう、残念です。

 

だからそう言ったこと、本来は家族間で、身内の間で行うべきやりとりを、ここまで全て見せる必要はあるのか?誰にだって人には言えないことのひとつやふたつはあって、その中には多かれ少なかれ「言わなくてもいいこと」だって必ずある。それを無理くり根掘り葉掘り聞く必要はないし、聞く権限はないよねぇ、なんて思うのです。

 

謝罪は別にこちらにする必要はありません。パートナーにしてください。

お騒がせしたことは別に謝らなくてよろしい、なぜならこっちが勝手に騒いでるのだから。いや、別に騒いでないわ、騒いでるのは「仲介者」だけですね、これは失敬。

 

まぁそんなかんじで、私が勝手に苛々しているだけなんですが、そんな「赤の他人からしたら」別にしょーーーーーもないよその家庭のことで、本当に面白い人が芸能界から去ってしまうのって寂しいよね。これは小室哲哉さんだけに言うことではないのですが。もう、よくないですか、どーーーーでも。世界にはもっと頑張ってる人もキラキラしてる人も沢山いて、そんな人たちに光を当ててもいいんじゃないかと思うのですが。

 

ああ、どうも最終的には虚しい気持ちになりました。なんだかなぁ。乱筆乱文の苛々にお付き合い頂きありがとうございました。湯船で認めていたら良い半身浴になりました。めでたしめでたし。